コストダウンを実現する保全技術者のための機械メンテナンス技術小冊子

小冊子無料プレゼント コストダウンのポイントが分かる 機械 装置メンテナンスの基礎を学ぶのに最適 工場の生産設備や付帯設備のメンテナンスに特化し社内研修にも使える超実践的小冊子です 保全技術者のための機械メンテナンス技術小冊子
保全技術者様のために メンテナンスの基本が学べる技術小冊子を無料で配布しております 右側のボタンからご請求ください

ご請求はこちら

機械 設置メンテナンス.COMは保全技術者様に メンテナンスに関する最適なソリューションを提供するサイトです

メンテナンスの必要性

4タイプのメンテナンスを通して見る必要性

メンテナンスは機械設備を点検し修理するだけでは不十分です。設備能力の維持だけでなく、向上のための改善、事前の故障診断の実施、部品交換を行うことも重要で、それらを正しく実施するための教育なども含みます。

事後保全
故障してから修復を行うメンテナンスで、当然のことながら生産性を回復させるために必要です。保全担当者はもちろんのこと、設備を毎日使用するオペレーターに関してもメンテナンス技術のスキルを上げておくことは「予知保全」に繋がります。
予防保全
故障を未然に防ぐために必要なメンテナンスで、修繕費などの発生による無駄な経費や生産活動の停滞を防ぎます。
改良保全
設備が抱える問題点を発見して改善を施すメンテナンスです。故障はしにくく、メンテナンスはしやすいように改善を行います。設備の寿命と改善のためのコストバランスを確認したうえで実施することが重要です。
予知保全
「事後保全」や「予防保全」を見直して考えられるようになったメンテナンスです。設備が故障してから修理するとか,常に定期点検をしておくことで故障を防ぐのではなく、設備の定常的な運転状態を観測することによって、その結果から故障が発生する前兆を察知します。