コストダウンを実現する保全技術者のための機械メンテナンス技術小冊子

小冊子無料プレゼント コストダウンのポイントが分かる 機械 装置メンテナンスの基礎を学ぶのに最適 工場の生産設備や付帯設備のメンテナンスに特化し社内研修にも使える超実践的小冊子です 保全技術者のための機械メンテナンス技術小冊子
保全技術者様のために メンテナンスの基本が学べる技術小冊子を無料で配布しております 右側のボタンからご請求ください

ご請求はこちら

機械 設置メンテナンス.COMは保全技術者様に メンテナンスに関する最適なソリューションを提供するサイトです

ロボットのメンテナンス事例

無人化・省人化を実現する産業用ロボット!

産業用ロボット

※産業用ロボットはハンドリングや溶接などの種類がある。基本的な構造は同じになるがそれぞれ固有の特徴もある。

搬送ロボットの構成

搬送ロボットの構成

機器の役割

日本工業規格の定義では、ロボットは「自動制御によるマニピュレーション機能または移動機能を持ち、各種の作業をプログラムによって実行でき、産業に使用される機械」とされています。その役割は用途によって様々で主に、機械の溶接や塗装、電気製品の組立て、部品の搬送などに利用されています。なお、マニュピレーションとは「操作する」という意味ですが、ここでは人間の手や腕に似た機能を有するもののことを指します。

よくあるトラブル

  1. ① グリスの劣化による機構部の磨耗と動作不安定
  2. ② バッテリー切れによるプログラムの消去
  3. ③ 機器の物理的な接触によるティーチングの再設定

メンテナンス項目

  1. ① グリスの交換。グリスは金属同士の摩擦による発熱、減速機ギヤ等の磨耗を防止する役割があり、機構部の定期的なグリスの交換は機器の長寿命化に必要不可欠である。
  2. ② バッテリーの交換。ロボット本体のバッテリー交換とポジショナー等の付帯機器のバッテリーを交換をする。交換の目安は稼動状況によって一概に言えないが2年が一般的である。
  3. ③ ティーチングの再設定。ワークが変わったり、事故等によりロボットの動作にズレが発生した際には再度ティーチングを実施する。ティーチングの技術でサイクルタイムの短縮も可能である。

メンテナンス内容

  • ロボットバッテリーの交換

    ロボットバッテリーの
    交換

  • グリス交換

    グリス交換
    (上記はイメージ)

  • ペンダントによるティーチング

    ペンダントによる
    ティーチング