コストダウンを実現する保全技術者のための機械メンテナンス技術小冊子

小冊子無料プレゼント コストダウンのポイントが分かる 機械 装置メンテナンスの基礎を学ぶのに最適 工場の生産設備や付帯設備のメンテナンスに特化し社内研修にも使える超実践的小冊子です 保全技術者のための機械メンテナンス技術小冊子
保全技術者様のために メンテナンスの基本が学べる技術小冊子を無料で配布しております 右側のボタンからご請求ください

ご請求はこちら

機械 設置メンテナンス.COMは保全技術者様に メンテナンスに関する最適なソリューションを提供するサイトです

制御盤用クーラーのメンテナンス事例

制御盤内と盤外を隔離し、盤内を35℃に保つ保全機器

制御盤用クーラー 制御盤用クーラー

※制御盤用クーラーには天井取付タイプと
側面取付タイプがあります

制御盤クーラーの仕組

制御盤を冷却する制御盤クーラーの仕組

制御盤クーラー

制御盤に取付られた制御盤クーラー

制御盤クーラーの内外分離冷却

制御盤クーラーの内外分離冷却

機器の役割

制御盤用クーラーは外気が40℃を超える現場でも、制御盤内温度を35℃(冷却しない場合は60℃)に保ち、制御機器の熱トラブルを強力に防ぎます。制御機器に使われる電解コンデンサは40℃環境下では寿命が40000時間ですが、60℃環境下では寿命が10000時間になります。制御機器は温度を常温にすることでトラブルを防ぐだけでなく、機器の寿命を大幅に伸ばすことができます、また、除湿機能も併せ持つことから、制御盤のトラブルをこれ1台で防ぐことが可能です。

よくあるトラブル

  1. ① フィルターや凝縮器の目詰りによる冷却能力の低下・停止
  2. ② ファン風量の劣化やファン停止による冷却能力の低下・停止
  3. ③ 過負荷運転によるコンプレッサーの破損や冷媒漏れによる冷却不良

メンテナンス項目

  1. ① フィルターの清掃or交換。フィルターと凝縮器を合せ90%目詰りをすると機器の冷却能力は50%以上低下、70%目詰りをすると機器の冷却能力は30%以上低下。
  2. ② ファンの交換。放熱側のファンは常に温風を受ける環境下のため2・3年での交換が目安。制御盤用クーラーのファンモーターは40℃環境下で寿命は約15000~25000時間。
  3. ③ コンプレッサーの交換、冷媒再充填。コンプレッサーが破損もしくは冷媒が漏れると、冷凍サイクルが働かなくなりクーラー機能が完全にストップする。

メンテナンス内容

  • フィルター交換

    制御盤クーラーの
    フィルター交換

  • ガード部分を清掃

    外部・内部ファンの
    ガード部分を清掃

  • ファン交換

    風量と寸法に従い
    ファンを交換

  • 凝縮器

    凝縮器と蒸発器を
    洗浄

  • 機器全体を分解清掃

    機器全体を分解清掃
    冷媒量も確認