コストダウンを実現する保全技術者のための機械メンテナンス技術小冊子

小冊子無料プレゼント コストダウンのポイントが分かる 機械 装置メンテナンスの基礎を学ぶのに最適 工場の生産設備や付帯設備のメンテナンスに特化し社内研修にも使える超実践的小冊子です 保全技術者のための機械メンテナンス技術小冊子
保全技術者様のために メンテナンスの基本が学べる技術小冊子を無料で配布しております 右側のボタンからご請求ください

ご請求はこちら

機械 設置メンテナンス.COMは保全技術者様に メンテナンスに関する最適なソリューションを提供するサイトです

コンプレッサーのメンテナンス事例

気体を吸い込み圧縮する工場での重要機械!

コンプレッサー
コンプレッサーの基本構造

※コンプレッサーの基本構造(例)

機器の役割

コンプレッサーは取り扱う気体の種類によって、エアーコンプレッサーとガスコンプレッサーに分類されます。コンプレッサーはこのような空気など気体の体積を圧縮して圧力を高め、送り出すための機械です。ここで圧縮された気体にはもとの体積に戻ろうとするエネルギーが蓄えられていて、この力を得るためにコンプレッサーを利用します。圧縮された気体は機器内を循環・送気されるのに利用され、用途によって、気体量や圧力が異なります。

よくあるトラブル

  1. ① 吸込フィルターの目詰まりによる吐出空気量の減少
  2. ② 配管からのエア漏れ
  3. ③ カーボン堆積による発火・爆発

メンテナンス項目

  1. ① 吸入フィルタが目詰まりをおこすと吐出空気量が減少します。定期的な清掃はもちろん吐出圧力は全負荷時の圧力が適正な範囲か点検することも必要です。
  2. ② 配管の取替えを行います。圧縮空気のコストは高く、ロス防止はコストダウンにつながります。
  3. ③ 堆積したカーボンに圧縮空気中の油分がしみ込むと酸化反応を起こします。この反応熱がカーボン内に蓄積されることで発火につながることがあります。メーカー指定の純正油・指定油を使い、定期的な清掃を行います。

メンテナンス内容

  • メンテナンス対象コンプレッサー

    メンテナンス対象コンプレッサー

  • ボンネットを外しラジエーター洗浄

    ボンネットを外しラジエーター洗浄

  • リアフレームカバーを外し洗浄

    リアフレームカバーを外し、洗浄

  • 洗浄完了

    洗浄完了。オイルセパレーターの交換に移る